banner

常時変動、中古車相場

常時変動している中古車相場

中古車相場で変動が激しいのが年末年始です。
何故なら、全ての車の年式が1年ずつ加算されるからです。
中古車販売業者が在庫として有する車も、1日変わるだけで1年分年式が古くなり、価値も下がってしまいます。
人の移動の多い、年明けの2月から3月は在庫を売買したい業者と、安く購入したい買い取り主との利益が一致する為、
年間を通じ一番安く中古車が売買される時期となっています。
中古車相場で変化がない車の特徴は、人気の大衆車及び希少価値の高い生産台数の少ない高級車のみ、
その他の車は全て中古車相場が動いています。
中古車業界は生きているという人がいますが、確かにその通りで、1日違いで欲しかった車が入荷する可能性もあれば、
1日違いで欲しかった車を買い損ねると言う事も往々にしてあります。
つまり、一期一会のタイミングを上手に掴むことが、中古車を上手に売買するポイントでありコツなのです。
中古車相場は先に述べた通り、1月に最安値となり、2月3月の売買の盛んな時期を超えると、一度価格が元に戻ります。
春先から初夏にかけては、入荷する台数が増え、若干高値の時期を迎えます。
中古車の価値は車種と年式、状態と走行距離で大よその価格が付けられますが、その他にも車検までの日数、保険の有無、
オーディオ機器やETC機器等のアクセサリーの種類やメーカーによっても付加価値が生まれます。
時間が経てば経つ程、自動的に価格が下がるのが中古車です。
春先に入荷した車も、秋から年末にかけて売買されないと、価格が下がります。
だからと言って、欲しい車の価格が下がるのを待っていては、欲しい車が手に入りません。
中古車は唯一無二の世界に1台だけという特徴があります、良くも悪くも、同じ状態及び状況の車はないのです。
欲しいと思ったら、担当者に早目に交渉する事も大切です。
中古車相場に拘るのは、逆に売主の立場でしょう。
同じ売買するなら、年越しを待たずに売ってしまった方が断然お得だと言えます。
プレミアが付く車は滅多にありませんし、かなりの価格になるので、そうそう市場で見かける事はありません。
一般的な車に乗っていて、中古車として販売したいと考えている方は、早目の対応が功を奏します。
大切な愛車を1円でも高く見積もってもらう為に、査定の前には綺麗に洗車をし、ボディーや内装ともピカピカの状態にしておきましょう。目立つ汚れは査定上マイナスに繋がります。少々のキズは下手に素人細工で隠さない方が賢明です。

 

Copyright(c)2014 中古車相場の調べ方と査定についてAll Rights Reserved.